研究内容

研究内容


25年後の臨床検査,医療,研究基盤をつくるための研究を行っています。たとえば,日常生活の中で健康状態や生体機能を評価できるようにする,ヒトの生体試料・情報の活用が広がる基盤を整える,などを目指した研究を行っています。


■生体情報の解析・活用

「未来の臨床検査」を想像し,「やさしくはかる」(優しく/易しく測る),「くらしの中ではかる,みつける,みまもる」をテーマにしています。

▷▷ウェアラブルセンサーから得られる生体データの活用,ベッドセンサーから得られる生体データの活用,集中治療室(ICU)や病棟のモニターデータの解析・活用

■臨床情報の解析・活用

治療の選択などの意思決定に役立つ知見が得られることを目指しています。患者の層別化,リスクや予後の予測,データからの有用な情報の抽出などをテーマにしています。

▷▷診療報酬請求データ(DPC)の解析,電子カルテのデータの解析,ゲノムデータの解析,情報の電子カルテの文章の解析(自然言語処理:NLP)

■バイオバンクに関連する研究

バイオバンクという研究基盤(インフラ)の活用の可能性を広げることをテーマにしています。将来的には臨床情報の解析と生体試料の解析を組み合わせたいと考えています。

▷▷生体試料の処理方法や品質に関する研究,バイオマーカーの探索・評価,生体試料の検索システムの開発・運用

■その他

臨床情報,生体試料の解析のための研究基盤(インフラ)を提案・整備することをテーマにしています。

▷▷臨床データウェアハウス(DWH) の構築・活用 ,EDC(Electronic Data Capture)の整備と利用,患者自身による臨床情報の活用のための基盤構築(患者・家族による意思決定プロセスの支援),物流・ロジスティクス


なお,現場(病院の各診療科・部門)の方との対話の中から研究に発展することがあり,上記の分類にはまらない研究テーマが立ち上がることもあります。こうしたものは現場の課題解決につながりやすい研究テーマとなりますが,単発のものが多くなります。


メンバーのページから卒業生の研究の情報を公開していますので,そちらもご覧ください。

情報公開


■倫理審査委員会の承認を受けた研究


倫理倫理審査委員会において承認され,進行中の研究の情報を公開しています。みなさまのご理解とご協力をお願い致します。


実施中

  • 航空輸送中の放射線によるFFPE中のDNAの分解[研2106-001

  • 長期保管血漿検体の品質評価法の確立に向けた研究[研2105-047

  • 薬局におけるCOPD患者への吸入薬指導の標準化・体系化に向けた全国実態調査[研2105-048]

  • 電子カルテを用いた臨床試験実施可能性調査の可否の検討[研2104-036

  • ベッド用生体センサを用いた心拍数および呼吸数測定の精度の検討[臨2103-002][UMIN000043135

  • 機械学習の手法を用いた肺がん術後予後に関連するバイオマーカー指標の探索[研2103-052

  • 脈拍数および動脈血酸素飽和度の回復過程を利用した運動耐容能の評価法の検討[臨2009-006][UMIN000041394

  • 活動量計を用いた日常生活動作の識別可能性の検討[臨2003-006][UMIN000039431

  • 心的緊張に対する腕時計型ウェアラブルデバイスによる介入の有効性に関する単施設ランダム化比較試験(スマートウォッチによる緊張緩和研究)[臨1909-003][UMIN000037759

  • バイオバンク利活用促進に向けたバイオバンク・ネットワーク構築と運用支援に関する研究開発[研1907-042]

  • 多職種による周術期管理の定量的評価に向けた探索的研究[研1811-032]

  • がんゲノム医療の医療費負担に関する検討研究[研1809-034]

  • がんゲノム医療におけるアノテーション手法の比較[研1809-033]

  • 市民マラソン大会における医師によるメディカルチェックを実施することによるAED活用事例の予防効果検証を行うためのプレテスト[研1808-034]

  • コホート統計と期間統計の比較による医療費の計算方法としての期間統計の妥当性の検証[研1802-037]

  • レセプトデータからPhenotypingを行なう各種方法の評価に関する多施設共同研究[研1711-036]

  • 食品・食材凍結技術の医学応用に向けた探索的研究[研1708-042]

  • 臨床データ統合解析環境の構築に向けた技術的研究[研1708-034]


終了済

  • バイオバンク横断検索の研究開発[研1802-036]

  • 電子カルテ情報をセマンティクス(意味・内容)の標準化により分析可能なデータに変換するための研究[研1707-020]

プロジェクト


実施中


終了済

ツール


  • TakeCARE: 日本語の医療テキストからの症状の抽出とICPC-2コードの付与のためのソフトウェア

    • オンラインデモ版

      • 上記のリンク先は平林真衣先生(東京大学)が作成・公開されているインターフェース(iicoSlate)を使用させて頂いています。また,サーバは荒牧英治先生(奈良先端科学技術大学院大学)にお借りしています。両先生および関連スタッフの皆様のご厚意・ご協力に感謝致します。

    • ICPC-2(プライマリ・ケア国際分類 第2版:International Classification of Primary Care, 2nd edition)についての詳細は日本プライマリ・ケア連合学会診療データベース委員会のホームページをご参照ください。

データ


準備中